ホテルニューオータニ博多は、お客様の安全性や快適性と地球環境への配慮の両立を目指しています。

ホテルニューオータニ博多は、お客様の安全性や快適性と地球環境への配慮の両立を目指しています。

ホテルニューオータニ博多の主な環境問題への取り組み

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)活用

  • 国内クレジット制度取引承認を2009年7月10日に受けました。
    当時、ホテル・旅館業では九州初の事例(全国では当社含め5事例)となりました。年間477t-CO2の削減が見込まれます。

平成21年度エネルギー管理功績者表彰『九州経済産業局長表彰』

  • 2010年2月4日、「省エネルギーの意義を理解し、永年にわたりエネルギー管理の推進に尽力し、その功績が極めて顕著である」と認められ、平成21年度エネルギー管理功績者表彰『九州経済産業局長表彰』を受けました。
  • 九州経済産業局長表彰

AEMS(エイムス)

  • オリジナル新空調システム「AEMS(エイムス)」は、エネルギーを高効率に利用して、建物全体の使用エネルギー量の約7.9%の削減が見込まれます。
    部屋ごとに細かい温度設定が可能で、お客さま一人ひとりの要望に応えられるので、朝の目覚めも爽やかです。

竹割り箸の使用

  • 2009年4月より、館内のレストラン及び宴会場にて“竹割り箸”を使用すると共に、回収・リサイクルを行っています。

生ゴミの資源化

  • ホテルから排出される生ゴミを有機肥料や有機飼料へと再生する事業へ参画しています。

客室備品等におけるECO推進

  • お客さまのご協力のもと、一部の客室内におけるシャンプー・リンス・ボディソープなどのアメニティの使い捨て容器の廃止やウオッシャブルスリッパの導入、連泊の際のリネン交換要・不要の申告制度を設けるなど地球温暖化防止に努めております。
page top