利用規約

1.客室のご利用について

    • 1.客室を宿泊及び飲食以外の目的にご利用されることは堅くお断りいたします。
    • 2.館内に許可なくして飲食物のお持込みおよび外部からの出前はお断りいたします。
    • 3.未成年者のみのご宿泊は特に保護者の許可のない限りお断りいたします。
    • 4.長期のご宿泊契約により、貸借権・居住権等、借家法その他居住に関連する法律上の権利を発生するものではありません。
    • 5.宿泊登録者以外の方のご宿泊は堅くお断り致します。
    • 6.お部屋にご到着の際、非常口の位置及び避難経路のご確認をお願い致します。
    • 7.廊下および客室内でアイロンおよび暖房用・炊事用などの火気のご使用は、お断りいたします。
    • 8.ベッドの中及び、ノースモーキングルームでの喫煙はお断り致します。
    • 9.みだりに外来客を客室内に招き諸設備および諸物品を使用させたりなさらないでください。特に午後10時以降客室にお客様をお招きすることは、ご遠慮ください。

2.お部屋の鍵等について

    • 1.お部屋の鍵は、ホテルをご出発の際に必ずフロント会計にご返却ください。紛失等によりご返却のない場合は、鍵代金の実費をお支払いただきます。
    • 2.来訪者があった時は、ドアースコープ等でご確認下さい。不審者と思われる場合は、アシスタントマネージャー(ダイヤル82)にご連絡下さい。

3.貴重品、お預かり品について

    • 1.現金、貴重品は、フロント会計の金庫へお預けください。貸金庫のご利用は宿泊期間内のみとさせていただきます。万-、室内における紛失、盗難等につきましてはホテルは責任を負いかねる場合もあります。
    • 2.当ホテル内諸施設にてのお預り品の管理責任は各施設ごとに之を定めます。
      ・クロークルームでのお預かり…1ヶ月
      ・ストレージルームでのお預かり…2ヶ月
    • 3.お忘れ物、遺失物の処置は、法令に基づいてお取り扱いさせていただきます。

4.お支払い等について

    • 1.ご到着時にお預かり金を申し受けることがございますので、予めご了承下さい。

5.暴力団及び暴力団員、並びに公共の秩序に反するおそれのある場合について

  • 当ホテルは、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。
    • 1.「暴力団員による不当な行為の防止等に閲する法律」(平成4年3月1日施行)による指定暴力団及び指定暴力団員等の当ホテル利用はご遠慮いただきます。(ご予約後、あるいはご利用中にその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断り致します。)
    • 2.反社会的団体及び反社会的団体員(暴力団及び過激行動団体など並びその構成員)の当ホテル利用はご遠慮いただきます。ご予約後、あるいはご利用中こその事実が判明した場合には、その時点でご利用をお断り致します。
    • 3.暴力、脅迫、恐喝、威圧的な不当要求及びこれに類する行為が認められる場合、直ちに当ホテル利用はご遠慮いただきます。又、かって、同様な行為をされた方についてもご遠慮いただきます。
    • 4.当ホテルを利用する方が心身耗弱、薬品等による自己喪失など、ご自身の安全確保が困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがあると認められるときは、直ちにご利用をお断り致します。
    • 5.館内及び客室内で大声、放歌及び喧騒な行為その他で他者に嫌悪感を与えたり、迷惑を及ぼしたり、又、賭博や公序良俗に反する行為のあった場合には、直ちにご利用をお断り致します。
    • 6.その他上記各事項に類する行為のあるときは、ご利用をお断り致します。

6.ホテル内では他のお客様の迷惑になる下記の物の持ち込み、または行為はご遠慮下さい。

    • 1.館内で許可なくして他のお客様に広告物の配布や物品の販売などをなさらないでください。
    • 2.当ホテルの名称・住所の印刷や、建物・動産の全体あるいは一部の写真または模写した映像、その他商標・意匠等、当ホテルが所有する権利を許可なく使用することは堅くお断り致します。
    • 3.館内および客室内の備品を所定の場所からみだりに移動したり、許可なく変更、加工なさらないでください。
page top